写真詩・詩・散文

あなたの瞳に映したいもの

Photo_10

もう現実から 自分から

目をそらさない 逃げない

シッカリ前を見て 自分と向き合って

今日という日を精一杯生きていく

そんな想いにさせてくれたのは

他の誰でもない あなただから

あなたが見つめた瞳のその先に

自信に満ち溢れた僕の姿を映したいから

Photo by (C)Tomo.Yun 詩 たー坊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなただけの花

Photo_9

春 夏 秋 冬

季節は逆らうことなく巡りゆく。

自然が教えてくれた大切なこと。

寒さ厳しい冬の後には

必ず春が来るということ。

咲き誇るためには

冬の季節を諦めず耐え忍ぶということ。

いつかきっと咲くから

あなただけの花が。

写真・詩 たー坊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Photo_8

過去をどんなに悔やんだって

まだ来ぬ明日を不安に思ったって

どうすることもできない

大切なのは「今」

「今」からすべてが始まる

だから「今」を全力で生きると決めた

目の前にいる君を全力で愛すると決めた

「今」が積み重なって「永遠」になると

気付いたから

写真 長男 詩 たー坊

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ネオン

Photo_7

夜空に月が昇らない日でも

君は優しく輝いて

いつも僕のことを照らしてくれる

そんな君はまるで

眠りを知らない都会のネオンのよう

君の愛が今日も僕の生きる証となる

写真・詩 たー坊

| | コメント (0) | トラックバック (1)

URL

Url

大切だった場所が

一つ、また一つと消えていく

今はもう

見る影さえもないけれど

あの場所に僕らは確かにいた

たくさんの思い出を残し

手元に残ったのは

いつまで経っても

削除することが出来ないままの

二度と繋がることのないURLだけ

写真・詩 たー坊

| | コメント (0) | トラックバック (1)

sun

Sun

君の空が土砂降りの雨で見えなくなっても

君の空が深い闇に覆い尽くされても

僕は君の傍にいる

強い光を放ちながら

君を覆い尽くす雨雲を深い闇をかき消してあげる

君の空に僕が見えないときでも

君の傍にずっといるから

この命燃え尽きるまで

君だけを照らし続ける太陽に僕はなりたい

写真 NASA 詩 たー坊

| | コメント (0) | トラックバック (1)

A distant starlight

A_distant_starlight

太陽じゃ照らせない

全てのものを

夜空に浮かぶ月のように

君はいつも優しく

照らしてくれていたね

自分に負けそうなとき

夜空に浮かぶ月を見上げて

君のことを思い出すから

どんな深い闇でも

必ず光があるってことを

写真・詩 たー坊

| | コメント (0) | トラックバック (1)

full moon

20066_full_moon

君を近くに感じたくて

小高い丘を駆け上った

僕は少し息を切らせながら

夜空を眺めた

降り注ぐ星の光の中で

ひときわ強く優しく輝く君

君の光が

僕にかかる雨雲や闇雲をかき消してくれる

君の引力で僕だけを引き寄せ続けてほしい

僕には君が必要だから

写真詩 たー坊

続きを読む "full moon"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

あなたが教えてくれたこと

Photo_6

あなたが教えてくれたこと。

素直に泣いて。

素直に笑って。

真っ直ぐ生きる。

前を向く。

そして何より大切なのは

信じる心と

愛する心。

写真 たー坊 詩 ねおん

| | コメント (0) | トラックバック (1)

隠れていた翼

Photo_5

どうして 

あなたはそんなに優しいの?

こんな私のことを認め

私が抱えるもの全てを

理解しようとしてくれる。



実際には、逢ったこともないのに。。



あなたも、その小さな
背中

大きな十字架を背負い

生きてきたんだね。



だから、こんなにも強く 優しく 温かいんだね。



さぁ、今度は私が あなたを支える番だよ

まずは、あなたが背負う十字架を

取り除いてあげるからね。



そうしたら

あなたも、きっと飛べるはず



十字架で隠れていた

自分自身の大きな翼でね。

写真・詩 たー坊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

写真詩・詩・散文